Googleの音声検索ができるようになる

LenovoのノートPCの話。
本を読んでいてsensibleという単語が出てきたので、意味を調べようと思った(sensitiveとかsensualとか似たような言葉があってややこしい)。
ところがまるで反応しない。まず考えたのは{マイクがミュートになっているのではないか}ということだ。そんなことはない、と思いつつも[サウンド]を開いてみてみるとやはりそんなことはなかった。レベルは100%。おまけに+10.0dBのブーストまでかけてある。インジケータもピコピコ動いている。写真の説明はありません。

だから、マイクの問題ではないだろうと考えた。
つぎに考えたのはこれが Google 検索だけに起きている現象かどうかということだ。 そこで Google ドキュメントの音声入力を試してみた。 こちらもダメだった。 ということは機能拡張の何かが邪魔をしているのではないか?
そこでシークレットウィンドウを開いてその 2つを試したがこちらもダメだった。 だったらEdgeでやってみたらどうなのかと考えた。 ところがEdgeでは Google の音声検索もできないし Google ドキュメントの音声入力もはじめからできないようである。前者ではテキストの画像のようですと出るし、後者ではそうするためのメニューがない。これらの発見は今回の副産物と言っていいだろう。
じゃあ、{音声を文字にすることができないだけなのかそれともそもそも音声が入らないのか?}と思って、Windowsに組み込みの[ボイスレコーダ]で試すと、なんと、ちゃんと録音できたのだ。ついでにZoomでも試したら、それもOKだった。ということは、前者なのか。
というわけで、音声認識の設定をやり直そうとしてもみたが、そもそも音声を全く認識しないというか入力できなくてそれは即断念。
そこで、このまえCortanaさんを無効にしたことを思い出した。ひょっとして音声認識はブラウザに返す場合でも一括してCortanaさんが請け負っているのか?
なのでRegeditを起動して(キーを探すのが面倒だな、って思ってたら、どうやら前回の最後の状態が保存されるみたいで探さなくてよかった)HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Windows Search のAllowCortana という値のデータを1にしてみた。
そうしたら、再起動しなくても予想どおりCortanaさんが使えるようになった。ちゃんと音声認識もできる。
{しめしめ、これでもうええじゃろう}と思ってGoogleで音声検索を試すと、なんだダメじゃん。
じゃあ、音声を文字に変換しないで音声のままマイクからブラウザにおくるのはどうだろう?と考え、オンラインのレコーダ https://online-voice-recorder.com/ja/ で試してみたが、やはりダメ。Edgeでも試したがこちらもダメ。ああ、もう手詰まり・・・
やけくそで手をマイクに近づけパンパンと叩いたら、なんか、そのオンラインのレコーダのオシログラフみたいのがが反応したぞ。どうもマイクからブラウザへの受け渡しがまったくできてないんじゃなくて、めちゃくちゃ小さくなっちゃってるだけっぽい。
なので、デバイスマネージャで、[オーディオの入力および出力]の[マイク(Realtek High definition Audio)]の ドライバーを更新しようとしたんだけど「このデバイスに最適なドライバが既にインストールされています」と言われてできなかった。 なのでデバイスを一旦削除してインストールしなおした。
で試したみたがやっぱりダメなのだよ。

f:id:masatec:20210408075423p:plain

Realtek High definition Audio関係が、上のほうと下のほうとに2つある。今回ドライバ更新で正常化したのは下の青く選択されているほう。

もうホントに打つ手がない。 と思って漫然とデバイスマネージャー眺めていると、サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラー]という同じくスピーカーのアイコンがついている分類があった。 そしてそれを展開するとそこにも[Realtek High definition Audio]というデバイスが。なので ダメ元でドライバーを更新てやってみるとなんか突然更新が始まってしまった。 それで更新が終わってみると あらら、なんか音声入力ができるようになってるんだよね。
そもそもこの Lenovo のノート PC は初めからそうだったのか最近こうなってしまったのかあんまり使ってなかったからよく分からないんだよね。 まあでもとにかく音声検索ができるようになってよかったよかった。
ついでにこの Google ドキュメントの音声入力が 「『、』」や「『。』」も音声で入力できるようになって、『「』や『」』も音声で入力できるようになって、改行はできないけど、まあとにかく進歩してることを発見したのが2つめの副産物だね。